私絶対普通の生活に戻るもん

50代、訳あってマルチタスクで働いています。








堀江氏の「ゼロ」から学んだ「0→1」にする力

週末になるのがとても楽しみなんだけど、いろいろやりたいことがありすぎて。気がつくと日曜日の夜12時近くになっている。あ~~、今週も読みたい本が読めなかった。いろいろ知りたいことが山積みなんだけど、でも作業をしないと結果は得られない。そう、宝くじは買わないと当たらないというのに似てます。でも、最近とくに思うんだけど、每日がんばって作業しているのにレポートを見ると0が並んでいる。

 

 

 

 

堀江さんの本は、結構面白いので数冊読んでいます。その中にゼロというがあります。その本の一節に「0✕1=0」というようにゼロにどんな数字をかけても答えはゼロだ。でもゼロをイチにする。すると「1✕1=1」、「1✕2=2」とかける数字やベースの数字で値が違ってくる。だから、まずはゼロを1にするんだというくだりがありました。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

この本を読んで以来、私は「0→1」を意識するようになりました。昨年小額詐欺を繰り返している経営者に事実を突きつけたところ、睨んだ通り、未払金を支払わず、ある日突然会社の鍵を替えられて事実上追い出され、連絡拒否を決め込まれました。同じ被害に合っている人間は10人以上は超え、悪質な手口で法の目をすり抜けている。私は何人かの被害者の方々と連絡をとっております。因果応報、小額詐欺者はいずれは天罰が当たると思います。

そんなこったで、我家は経済危機に陥っています。進学を控えるふたりの子を抱えて、ゼロの状態はすぐに1にする必要があるのです。未払金を返してもらえればこんな状況に陥ることはなかったから、それを思うといまでもはらわたが煮え返る。しかし、同じ被害者のおじさまが「今はなるべく考えないようにしている。頭にくるだけでろくなことはない。いずれは落とし前をつけさせてやる」と申されていましたのでそれに習うことにいたしました。
堀江さんも波瀾万丈ですよね。でも、堀江さんの生き方はとても前向きでどんな状況にいらしても、プラスに変えられている。常に「0→1」を実行されているなと感心させられます。私など堀江さんよりずっと歳は上ですが、足元にも及ばないなと思うわけです。前述のおじさまも会社を経営なさってまして、自分の時間を1秒でもくだらないことに使うよりも有効なことに使うことの大切さを教えていただきました。
そうなんです、私のするべきことはくだらない詐欺親父から金を取り返すことに時間を費やすことより自分の力でお金を儲け、迷惑をかえている方々に一日も早くお金を返し、娘達に安心して進学してもらうことです。これは、詐欺親父の件を相談した弁護士の先生からも「あなたが悪いわけではない、でもお金は戻ってきませんよ」とはっきり言われました。つまり専門家に判断してもらっても相当な悪質な人間だということなわけです。逮捕はされていませんが人間として本当にかわいそうな人だと想います。

ある意味、人間はゼロになることを恐れていては正しい判断ができなくことがあると思います。しかし、「0→1」にすれば何度でも再生することは可能なんだって思えば人生正しい道を歩むことができると思う今日このごろです。

確かにゼロの状態って辛いし、途方に暮れてしまうことばかりです。でも、子供たちに正しい背中を見せてあげられることはいいことだと思うんです。たしかに、今はとっても苦労をかけてるし、やりたいことも制限がかけられている。長女は大学進学をあきらめました。「自分のやりたいことは大学じゃなくてもできる気がするんだよね」って言って。母は、とても切ないです。できれば希望の大学に進学させてあげたかった。

母はとても悔しいです。だから、来年の今頃は長女が家のことを心配しなくてもよい環境にしてあげたいと思っています。そして、今の選択肢よりももう少し選択肢をふやしてあげたいと思っています。

なぜなら、私も両親からそういう選択肢を与えてもらったから今こうしてあきらめずに「0→1」にする努力を続けられる。娘にもそういう力をつけてもらいたいから。

 

ありがとうございます(◍•ᴗ•◍)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
クリックお願いします。

 

❤よかったらコチラにも
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へにほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ

クリックお願いします。

 

 

 

 

「スポンサーリンク」