私絶対普通の生活に戻るもん

50代、訳あってマルチタスクで働いています。








人を惹きつける魅力とは…。

今日もアフィリエイトのセミナー行ってきた。

 
確かに、セミナーに参加すると、その製品のことを詳しく知ることができるし、実際に製品を体感できるから記事を書きやすくなる。
 
じゃあ売れるのっていうと、別問題。
 
私の場合、自分の力不足だからぜんぜーん発生につながんない。
 
実際に自身で使ってレビューして、絶対にこれ自信をもっておすすめできると思い心をこめて書いた記事はかなりある
 
そういえば市販のアフィリエイト極意本のどこかで、
「いくらいい記事を書いたって、見られなかったら無いのと同じ」
って書いてあったなぁ。
 
確かに、いまだPV1〜2桁はないでしょうってこと。
 
かなりSEO頑張ってるんだけどなぁ…。
 
海釣りに行ってあたりが全くない感じだな。
 
やはり、大漁の方はそれなりに勉強し、経験もあるから…、
 
  • 場所
  • えさ
  • 道具
  • テクニック
 
が揃っている。
 
行き当たりバッタリではやってはいない。
 
そこんところなんだろうなぁ。
 
穴場を知っているかってことも重要やしね。
 
渾身の記事を書いてみるけど反応鈍し。
 
 
 
話はかわりますが、昨日、娘の宿題のために国立西洋美術館に行ってきた。
 
なんと4時間もかけて見て廻ったのだ。
 

金曜日と土曜日は夜9時までだから、会社帰りの人で結構混んできた。

 
ちょうど「アルチンボルド展」が開催。
 
額の前に立つとアルチンボルド風自画像を描いてくれるしかけは面白かった。
f:id:shirotonakama:20170729142252j:image
 
わたし、毎回、美術館に行くとどう鑑賞してよいやらとまどう。
 
でも、今回は、アルチンボルドについて解説のビデオを見てから巡った。
 
アルチンボルドの一つの作品だけを観てた娘は当初「この人の絵キモチが悪いからキライ」って言っていた。
 
だから企画ものはちょっと入場料が高いし鑑賞しなくていいよと言っていた。
 
でも、美術展のコンセプトがしっかりできていて、その後に巡った常設よりも数倍楽しめた。
 
ゾーンごとや、絵画ごとの説明書きがとてもよかった。
 
美術館を出た頃には娘はすっかりアルチンボルドに魅せられてしまった。
 
こんなたのしい美術館巡りもあるんだなって思えた。
 
自分から美術館に入るなんてほぼほぼないけど、また観に来ても良いなって思えた。
 
やはり、企画力とはとても大切だと思う。
 
話は戻るとやはり、私は企画力がないから結果が伴わないんだと思う。
 
ようするに人を惹きつけるなにかが足りないんだと。
 
私、アニメートで初めて東京喰種のアニメを観てクギ付けになった。
 
「グロいからそんなアニメ観てないの」と娘にたしなめられたけど、すでにハマっていた。
 
その日に2巻買って帰ったら、娘二人もすっかりはまった。
 
人気のある作品はそんなものだ。
 
ということで、気分転換に「東京喰種 トーキョーグール」の映画見に行ってきまーす。

 

こんにちは、お読みいただきありがとうございます。
励みになりますのでクリックおねがいします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

 

「スポンサーリンク」