読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私絶対普通の生活に戻るもん

50代、訳あってマルチタスクで働いています。








悲しみのリフレイン--☆

ひとりごと

私の父と母はお人好しを絵に描いたようなひとだった。

 
困った人に頼られるとイヤと言えない、暖かいひとだった。

f:id:shirotonakama:20170318203104j:image
 
 
 
 
今日、ある人に助けて欲しいと電話 した人に電話をガチャって切られた。
 
そう言えば、去年連絡欲しいって伝言していたのに連絡くれなかったなぁ…思い出したよ。
 
今日ガチャって切られて分かった、自分の意思であの人は連絡をくれなかったんだ。
 
心配して欲しいと期待した私がアホやった。
 
久々に会ってそんなことを期待できる人ではないと分かっていたのにね。
 
ただただ薄い縁なのに勝手になんだか期待した自分がむなしい。
 
昔、私の大切な犬が、あの人に吠え、あの人は犬を家から追い出そうとした。
 
幼かった私、とってもあの人がキライになった。
 
泣きながら、あの人の家をでて母方のおばあちゃんの家に帰った。
 
母はあの人に謝れと言ったが、私は絶対謝らなかった。

二度と会わなくていいとも思った。
 
二度とあんな奴のこと慕うもんかと思った。
 
家に帰ってからしばらくしてあの人から『ごめん』って電話があった。
 
その時あの人への嫌いがとけた。
 
でも、あの頃のあの人はもういない。
 
わたしは小さい頃から自分の想いと相手の想いは同じだと思い、実は相手は私のことなどちっともおもってなくて忘れていてショックを受けたことが何度もある。
 
社宅でとっても仲良くていつも一緒だった幼馴染。
 
引っ越す時は絶対に忘れないでいようねって約束したから、ずっと忘れないでいた。
 
でも、同じ高校になって再会を楽しみにしていた私を彼女は完全に忘れていた。
 
ひとの想いなどそんなもの。
 
あの人にとって、私は電話をガチャって切られる程度の存在だったことにショックを受けた。
 
当然なのかもしれない。
 
でも、私の両親はあの人ために何度も大ケンカをしながら数百万の援助していた。
 
だから、少しのやさしさをあの人に求めた私が悪いのだ。
 
甘えたかった私がいけないのだ。
 
あの人を助けたのは両親であって私じゃないんだから。
 
最近は断られるのは慣れっこになっている。
 
でも、あの人の電話のガチャは私の胸に鋭いナイフとなって刺さった。
 
もう二度と電話しない。
 
二度と会うことはないだろう。
 
あの人とこんな別れ方をしなければならなかった自分にも悲しい。
 
たぶん、両親とケンカして二度会うことはないだろうと泣きながら家を出た場面がリフレインした。
 
ありがとうございます(◍•ᴗ•◍)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
クリックお願いします。

 

❤よかったらコチラにも
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へにほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ

クリックお願いします。

 

「スポンサーリンク」