読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私絶対普通の生活に戻るもん

50代、訳あってマルチタスクで働いています。








ひとりで夫の介護を頑張った祖母の思い出--☆

私の両親は京都生まれの京都育ち。

子供の頃は、この時期になると祖父母の家に遊びに行った。

8月のお盆は地蔵盆という風習があり

町内ごとに地蔵の周りにテントやござが敷かれて

民家の2階から福引の景品を籠に入れておろすイベント

「かごおろし」などが行われた。

また、地蔵盆とならんで楽しみだったのが 8月16日に大文字焼き

祖父母の家が下京区だったので金閣寺近くまで歩いて観に行った。

 

子供の頃は、学校の休みごとに京都に行っていたのがなつかしい。

父の運転する車で、一日かけて移動したり、

私一人、新幹線で移動したりしたこともあった。

 

母方の祖父は私が3歳の時に脳溢血で倒れ

半身不随で11年間ベットで寝たままの生活となった。

祖母が散髪屋を営み生計をたてていた。

母には兄がいたが結婚して家を離れていたため

祖母は人を雇って散髪屋を切り盛りしていた。

我家は関東に住まいがあったので

母はたやすく実家の手伝いを することはできなかった。

学校の休み利用して私は、祖母の家事の手伝いをした。

でも、今考えると年3回の京都までの往復の交通費は

若い両親にとって決して安いものではなかったんだなと思う。

また、今、その頃の祖母と同じくらいの年齢になって

夫が半身不随になり、夫の介護をしながら

がんばった祖母は 改めてすごかったんだなとしみじみ思う。

祖母の店はとても繁盛していたので、一日立ち仕事 をし、

ベットで寝たきりの祖父の介護もひとりでこなしていた。

訪問介護など一切なかったから、すべてひとりでがんばった。

京都の民家は風呂がないことが多く、銭湯に行くのがあたりまえ

祖父母の家にも風呂はなかった。

祖父は半身不随だからほとんど歩けない。 つまり銭湯に行くのはムリ。

そこで、祖母は自分で祖父用の風呂を家の一角に造っていた。

お湯を台所で沸かしては湯船にためて、

2階から祖父をおぶって1階の自家製の風呂に連れて行き入れ、

ふたたびおぶって2階のベットまで連れて行く重労働。

今の自分の体力を考えると絶対ムリだと思う。

 

 

ありがとうございます(◍•ᴗ•◍)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
クリックお願いします。

 

❤よかったらコチラにも
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へにほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ

クリックお願いします。

京都薬品ヘルスケア通販直営店【京キレイネット】
今日も明日も京都からキレイを応援!京キレイネットです。
京都で半世紀以上続く製薬企業京都薬品工業のグループ会社として、
安心・安全・高品質の医薬品、健康食品を提供しています。
インターネット通販では知る人ぞ知る!?京都薬品ヘルスケアのアイテムをぜひお願い致します。

いま注目の商品は・・・
しみやそばかす、にきびに効く第3類医薬品のミルセリンホワイトNKB
家族みんなでお腹の健康。腸内快調ファスコン整腸錠プラス(第3類医薬品)
多くのモデルや京舞妓らが愛用のミネルヴァコラーゲン6000(健康食品)
祇園辻利の石臼挽き抹茶をふんだんに使った美味しい宇治抹茶青汁(健康食品)
など、美容と健康を求める方へオススメのアイテムです!

会員登録で500円割引クーポン進呈中!
5,400円以上のお買い求めで送料無料!

「スポンサーリンク」