読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私絶対普通の生活に戻るもん

50代、訳あってマルチタスクで働いています。








シックスセンスについて--☆

ひとりごと

わたしの好きな映画にシックスセンスがある

 
死者が見えてしまい悩む少年と彼をサポートする小児精神科医の体験する未知の世界と二人の交流、そして少年が自分の持っている第六感とどう向き合って生きていくかを描いた映画。
(ウキペディアより:シックス・センス - Wikipedia
 
先週末の森のさんぽで出会った池田さんは
山の神様のパワーを感じたという
私には池田さんのような
神のパワーを感じることはできない
と思っている
 
そのかわり、私には、邪悪なものを感じる
それも強く感じるわけではなく
なんか変だな〜くらいしか感じないけどね。
(実は人間のクズの叔父にはなんか変だぞとずっと感じていた)
 
 
結婚前のある日、伊豆高原の貸別荘に行った時
荒れた感じの別荘にいやな感じがした。
ふぅっとなんか変だなって感じてた
お風呂にひとりではいってるときも
何かがいそうで
出てこないでよって念じた。
 
何にも起こらなかったから、
母と離れのベットルームで就寝
でも、寝つかれないでいると
母の呻き声がしたので
「どうしたの?」って声をかけた
 
すると母は
「なんでもあらへん、はよ寝」と応えた
翌朝明るくなると母は私を連れて
父の寝てる部屋へ移動した
 
聞くと、昨夜私と二人だけの部屋で
眠れずにいると突然
誰かに馬乗りされ腕を押さえつけられたそうな
でも、私が霊感が強いので
幽霊が私のほうにいかないように
私に助けをもとめなかった
私が「どうしたの?」って声をかけたら
馬乗りになった輩はスッといなくなったそうだ。
 
今回池田さんや油やの斉藤さんの
祠と山の神さまの話を聞いて
シックスセンスについて改めて考えた
 
確かに、後から考えると
毎回『なんか変だな』って感じると
そこには邪悪なものが必ずいる
 
人間は古代からみんな
シックスセンスを持っていた
現在は、使う必要がなくなり
退化していったのかもしれない
と私は思っている
 
昔はそこから先は踏み込んではいけない
領域を感じ取り
祠を建てて結界をはった
 
だから、結界の先には
誰も踏み込むことはなかった
 
しかし、現在は
シックスセンスが鈍くなり
結界を平気で破り山の神の領域に
足を踏み入れ、命を落とす人もいる
 
今回、池田さんがパワーを強く感じ
近ずけない祠に斉藤さんに
案内してもらった
 
凡人なので神のパワーは
感じることはできなかった
池田さんと斉藤さんか言うには
アーティストに力を授ける気が
油やに大量に流れ込んでいるらしい
 
私は、どちらかというと左脳派
だからなのか、全くといって何も感じなかった
 
しかし、次の日
森のパワーを吸収できていたのか
頭が軽くなり、心も軽くなった
やはり、『森には疲れた人間を癒す力がある』
そんな気がした
 
なんだか最近
・疲れやすい
・いらいらする
・体が重い
養命酒もいいけど、森のさんぽにでかけてみてください
きっと森のパワーに癒されます
 
f:id:shirotonakama:20160713012242j:image
 
ただし、人間はシックスセンス
退化しています。
だから、結界を感知できずに
危険な場所に足を踏み入れることもあります
 
森に出かけるときは
専門家と一緒に行くことをお勧めします。
 
50代になり、更年期を迎え
ますます
自分の頭で考えることと
シックスセンスやキモチは
別ものではとの思いは強くなりました。
 
スターウォーズジェダイのフォースだって
邪悪なものを感じるけど
そのもの自体を特定するまでに至らず全滅しかけます
 
人間のキモチも
退化してしまったシックスセンス
ジェダイのフォースも
ガンダムニュータイプの特殊能力も
 
きっと人間の脳みそと別のところにあって
人間が死ぬときキモチは肉体を離れ
はてさて、どうなるんだろうと考えることがある
 
所在の掴めないキモチだけど
きっと自然界からパワーをもらうことができて
キモチがパワーをもらうと
パワー切れのキモチが復活し
病気も治り元気になるんだと
池田さんのサイトにあるやさしい語りの動画から知りました。
もしキモチの充電切れを起こしているなと感じていたら
池田さんの優しい声に耳を傾けてみてはいかがですか。
 
そして、この夏、油やを訪れてみてください。
きっと何かを見つけられます。
 
 
 
 
ありがとうございます(◍•ᴗ•◍)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
クリックお願いします。

 

❤よかったらコチラにも
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へにほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ

クリックお願いします。

 

 

「スポンサーリンク」