私絶対普通の生活に戻るもん

50代、訳あってマルチタスクで働いています。








善処することがとても大切--☆

バイトと学業で寝る間もない娘が一日遅れの父の日に

パパの大好きな晩ごはんを作った。

 

 

せっかくだから、私は手を出さずにいようと思った。

いつものように遅い帰宅で機嫌がイマイチのパパ。

ご飯は?と聞かれたので、

娘が用意しているよと告げた。

パパが帰ってきたのになかなか部屋から出てこない娘。

お腹が空きすぎたのか、はたまた動かない私に苛ついたのか娘が用意した食事を自分でテーブルに運び食べようとした。

そこへようやく娘登場。

用意しようと思ったのに遅れてバツが悪いのか。

「一口ちょうだい」と娘

「え?ササッと食べてくれ」イラツキながらパパ。

「じゃあいらない」娘がいうというとパパ怒り出す。

「下げてくれ!もういらない」喧嘩腰のパパ。

娘捨てゼリフで部屋に戻る。

パパ、台所で自分のご飯を用意して戻ってきた。

娘に「パパ、もう食べないから食べなさい」と私がいうと

パパ「頭きたから食事ぶちまけたから食べられないよ」

そこからは、娘は家を飛び出すし

私は、せっかくパパのためにと忙しい中作った娘のキモチを知っていたから

すごっく頭にきて相方と大ゲンカになった。

私の父は、私のプレゼントをどんなものも喜んでくれた。

とっても大切にしてくれた。

だから、相方のやったことは絶対に許せなかった。

しかし、娘を連れ戻し、相方とトコトン話した。

相方は父子家庭で育った。

なんでもかんでも働いている父が一番偉かったらしい。

だから、相方の言い分は、

「俺は家のために働いているんだから夜遅く帰ったらご飯ぐらいすぐに出して欲しい

そんなキモチ分からないんだろうな」

分からないわけではないけれど、みんな毎日同じく夜遅くまで働いているから疲労している。

私は、稼ぐのもそうだけど、大変なときはみんなができることをすればいいと思っていいる。

誰だけを特別扱いにするという考えがもともとない。

アタリマエのことを無理せず協力しながらすべきだと思う。

結婚したての時、同じ仕事、いや私のほうが上司だったからちと忙しかったと思う。

でも、帰宅したら私が家事すべてをしていた。

でも、台所で食事を作っている私は、なんだか変だぞと思った。

相方は、帰宅したらパソコンでずっとゲームをしている。

なんで、結婚したら同等に働いているのに全部私が家事をしなくてはいけないの?

家事はキライではない、食事を作るのも嫌じゃない。

でも、家族なんだから協力すべきだよね。

そして、ある日思ったことを言って大げんかになった。

京都生まれ育ちの両親のもとで男尊女卑の環境で育った私。

父子家庭でなにもかも働く父が一番で父に振り回されて育った相方。

まったく違った環境で育ってきたから、とにかく考えが違った。

お互いの考えを言い合ってそのつど軌道修正してきた。

今回も、私の娘に対する思いと相方の娘に対する想いは違った。

相方は想いの押し売りはイラないと言い切った。

私、それは違うだろうと言った。

大ゲンカにはなったがお互いの考えを伝え善処することとなった。

この善処することがとても大切だとしみじみ思う。

 

ちなみに生きていること自体が悪で、善処できない輩に関わるとストレスがたまりイラツキ、心身ともに良くないと思う今日このごろである。なるべくなら遭遇したくない。

 

ありがとうございます(◍•ᴗ•◍)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
クリックお願いします。

 

❤よかったらコチラにも
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へにほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ

クリックお願いします。

 

 

 

「スポンサーリンク」