読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私絶対普通の生活に戻るもん

50代、訳あってマルチタスクで働いています。








負けた時のイメージを持つことも大切なんだな--☆

この歳になって気がついたんだけどね。

たちの悪い男に引っかかった時と

たちの悪い叔父にお金を騙し取られたときの

心情ってとっても似ているなって。

つまりね、信じていた相手だけど途中で

とっても悪いヤツだって気がつくんだ。

「もしかして…」

そして、思った通り

悪いやつの化けの皮が一枚づつはがれていく

最低なやつだから近寄らなけれなよかったんだな。

そういう奴は自分のことしかない。

相手がどう感じるかなんて一切考えていない。

一日も早く関わりを絶つ潔さが大切。

 

 

父の一番下の弟の叔父も詐欺師癖の叔父の被害にあった。

一番下の叔父は、潔くお金のことはあきらめ

詐欺師癖の叔父の元をさっさと去った。

詐欺師癖の叔父の被害者である社長は

詐欺師癖の叔父のことは考えないようにしていると言う。

「くだらない奴と関わると時間の無駄」やはり潔い。

おふたりから、とにかくたちの悪いやつらとは

早く関わりを絶ち、忘れることの大切さを教わった。

最初から金を返す気などさらさらないんだから。
やつらは、自分の悪事でどんなに人が困ろうが知ったこっちゃない。

昨晩は詐欺師癖の叔父の悪事をあばき、金を取り戻す夢を見た。

夢の中でもスカッとさせてもらったから良しとしなくちゃね。

きっと、詐欺師癖の叔父は生まれながらの詐欺師で詐欺師のまま死んでいくのであろう。

悪い奴に関わった苦痛や怒りをゼロになんかできない。

いかにそのダメージをさっさと自分のなかで軽くするかが人間にとって大切なんだ。

毎月お金がなくて、ほんとうに気が狂いそうになる。

しかし、娘を幸せにするため、

老後相方とふたりで慎ましく生きていくために

今のがんばりが必要なんだと思う。

正直56歳、いくつまで生きられるかなという不安もある。

でも、追いつめられることによって、

そんなこと言ってられない。

詐欺師の叔父の会社を辞めて2年、

お金はないからたいへんだけど、

穏やかな生活は手に入れたと思う。

きっとお金は返ってこないだろう。

だから自分たちの手で普通の生活に戻さなけれないけない。

そして思う、しみじみ思う

「素晴らしい両親の元に生まれて本当に良かった」。

詐欺師癖の叔父と距離を置くその叔父の長男がぽつりと私に言った、

「素晴らしい両親のもとで育って本当にうらやましい」

今日ラジオを聞いていたら

ボクシングの前WBC世界ライトフライ級王者で、

“商社マンボクサー”、木村悠さんが

試合の前に必ず負けた時のイメージを持つと言っていた。

そうすることで、今までの経験を踏まえ

負けを回避することができると。

 

 

 

ありがとうございます(◍•ᴗ•◍)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
クリックお願いします。

 

❤よかったらコチラにも
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へにほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ

クリックお願いします。

 

 

 

「スポンサーリンク」