私絶対普通の生活に戻るもん

50代、訳あってマルチタスクで働いています。








派遣1年目に感無量なり

55歳のオバサンが派遣をはじめて1年経った。

昨年もゴールデンウィオーク真っ只中で会社には人が少なかった。

今年は去年よりも人がいないかも。

でも、なんだか1年続いたんだぁ、更新できたんだぁと

なんて感無量です。

そして、この一年でとても仕事っぷりも上がったなぁって思いました。

仕事でワードとエクセルをトコトン使うなんて

私には毎日が楽しくて一年があっという間でした。

派遣という形態も56歳の私にはとても合っていると思います。

なんと言っても精神的負担が殆ど無いことがうれしい。

正社員や契約社員のときは永遠に続くノルマに向かって

ストレスとの戦いだったような気がします。

でも。今は、チャイムとともに仕事が始まり終わる、

時間とともに仕事が終わる感覚って素敵だなと思います。

自分の力量内だけでこなせるから余裕が持てる。

ほんと「派遣の品格」の「お時給分しっかり働かせていただきます」

が分かるようになりました。

確かに、人との関わりが希薄だなと思うこともあります。

でも、正社員・契約社員のときにひどい人種にも遭遇し振り回された経験から

この希薄加減も心地よいなと思います。

確かに派遣は薄給であり期間を限定し、比較的短期間での契約を結ぶ雇用形態。

安定した雇用とは言えないです。

正社員を経験していると、給与の心配、雇用期間の心配をしたことはなかった。

でも、10年働いた叔父の会社では勝手に振り込み金額をカットされ、

不正を正そうとしたらある日会社から追い出され、お金も返金してもらえない。

そんなひどい環境で働いた私には派遣はとても安定したすばらしい雇用形態に思える。

毎月ちゃんと働いた分だけお金が振り込まれることの素晴らしさ。

派遣業1年目の私は、今の職場と出会えて本当に幸せだと思う。

改めて思う、仕事は毎日楽しく過ごせるような職場が第一だと。

歌丸師匠の笑点の放送50周年を迎える前に降板される。

人間、歳をとるとやはりだんだん身体が思うように動かなくなる。

私も脚がとくに弱くなったなぁって思います。

だから、少しづつ働くスタイルを歳相応に変えていく必要があります。

私の恩師も70歳で今年勇退されます。

プログラマーの弟はフリーになればと言われて悩んでいます。

さて、私も働くスタイルをどうしていきましょうかね。

ありがとうございます(◍•ᴗ•◍)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
クリックお願いします。

 

❤よかったらコチラにも
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へにほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ

クリックお願いします。

 

 

 

「スポンサーリンク」