読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私絶対普通の生活に戻るもん

50代、訳あってマルチタスクで働いています。








ストレスフリー、ガマンはしないが一番。

4月から、新学期が始まった。

私は、派遣が延長になったから慣れ親しんだ職場でストレスフリーで働いている。
そんな私でも、昨年配属された初日は緊張のせいで肩が張り、吐き気がした。
おばさんだから、すぐに不調、つまり、ストレスを感じているサインがでるのよね。
しかし、若い頃は、ストレスが原因で、自律神経が乱れているなんて知らなかった。
今でも覚えているストレスによる不調は、新卒で働き始めたオリエンテーションのとき、昼間起きているのにもかかわらず、歯ぎしりが勝手に起こり奥歯が折れた。
初めての一人暮らしでもあったので、毎晩寝ているときも歯ぎしりがひどかった。
一ヶ月もすると歯ぎしりは治まったけど、歯が折れる程の歯ぎしりってすごいよね。
次に思い出すストレスによる不調は、30歳前半、外資系で中途採用で入社してきた権力志向の女に目の敵にされたとき。毎日、牛乳瓶一本くらい鼻血が出た。すぐに結婚退職したら、鼻血は全くでなくなった。
昨日昼休みランチタイムの話題。4月からの数人の新人派遣さんが配属された。そのうちの一人が自分の能力外の部署に配属され、かつ、ひどいパワハラにあっていると聞いた。そのため、食欲が落ち、家でもとてもキモチが沈むと嘆いていた。結局、その派遣さんは、本日付で辞めた。とても懸命な判断だと私は思った。
最近、人間の病気の引き金はほとんどが自律神経の乱れが原因ではないかと思っている。
自律神経の乱れは、心から起こる。
だから、いくら身体を鍛えたり、食事に気をつけても別の次元のところに原因があるからどうしようもないよね。
だから、なるべく自分の心に負担ない生活を送りたいと思う。
でも、心って外的要因で傷つけられたり、癒されたりするから。
自分で、どうにかできることといえば、今までの経験則から自分が楽なところ楽なところに身をおくしかない。
私も、新卒で入社したての頃は我慢して仕事に慣れるまで働くという選択が一番だった。
今は違う、おばさんには経験則がある。
身の危険を感じたら、さっさと辞めるもありだと思っている。
五十代は、極力ガマンは避けるべき。
日本人はガマンを美徳とする傾向があるけど、自分の身を守るにはガマンはしないが一番。
私は、今、悪人にだまされ、その悪人が全く成敗されず、自分ではどうすることもできないことが一番のストレスで身体に悪いと思うのであります。
誰が思いっきりやっつけてくれたらどんなにスカッとすることか。 (。・ˇ_ˇ・。)ムゥ…
 
ありがとうございます(◍•ᴗ•◍)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
クリックお願いします。

 

❤よかったらコチラにも
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へにほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ

クリックお願いします。

 

 

 

 

「スポンサーリンク」