私絶対普通の生活に戻るもん

50代、訳あってマルチタスクで働いています。








どうにもならないもの

山田ズーニーさん「どうにもならないものを受け入れる力」を読んだ。

ほぼ日刊イトイ新聞 - おとなの小論文教室。

世の中にストレスの消えない理由は、世の中に生まれ落ちた瞬間、人間ですから、必ず相手が生まれる。

この相手というものは厄介なものだと思う。

そう、何を考え何をするか予測不能なのだ。

だから往々にして、どうにもならないことに遭遇する。

混雑した駅の通路を乗り換えに急いでいる時、

向こうから歩いてきた人がぶつかってきた、

こちらは悪くないけど、常識として「ごめんなさい」と言った瞬間

「バカヤロー」と怒鳴られ時。

腹の底から、憎悪と悔しさ、腹立たしさがこみあげてきた。

信号が変わり、左折したところに車が突っ込んできてぶつけられた。

当然相手はあやまって来るものと思っていたら、オバサン3人が

「何やってんのよ、降りて来なさいよ!」とすごい形相で喚き散らされた。

はぁ~、なんだこのクソババァ共、頭おかしいんじゃないのと思った。

瀬戸内寂聴さんがおっしゃる。

「人間は善悪両方を持っています。

それを、自分の勉強や修行によって、善悪の判断をし、

悪の誘惑に負けずに善行を積んでいくことが人間の道なのです。」

しかし、人間の道には行かず

ダークサイドに落ちている輩もたくさんいる。

そういう輩に遭遇し、どうにもならないことに憤る。

山田ズーニーさん どうにもならないものを受け入れる力として

「戦わず・逃げず・弱らず

 どうにもならないことを受け入れるためには、

 あとはもう、自分の器を広げるしかない」

確かに、そうするしかないんだけど。

なんかおかしいよね。

自分の勉強や修行によって、善悪の判断をし、 悪の誘惑に負けずに善行を積んだ人が 積まない人を受け入れなければならない。

納得がいかないようね、ストレスたまるよね。

だから神が存在するんだろうな。

「バチ」があたるんだよね。

スカッとするんだよね。

 

現実の社会は、そううまくはいっていない。

人間の道を極めると、ストレスがどんどんたまり病を引き起こす。

人間の道を極めないとストレスを溜めないような気がする。

そんな世の中じゃいけないよ。

自分の勉強や修行によって、善悪の判断をし、

悪の誘惑に負けずに善行を積んでいくことが人間の道。

人間の道をまっすぐ行くことが当たり前の世の中になってほしい。

 

 

★お読みいただきありがとうございます。
クリックおねがいします★
 

「スポンサーリンク」